【日本ハム】吉田輝星「あれはキヨさんが悪い」「バタフライしてしまった」守備での珍プレーに苦笑(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆パ・リーグ 西武4―3日本ハム(13日・ベルーナドーム)

 日本ハムは西武に競り負けて、ビッグボス・新庄剛志監督(50)就任後初となる3連勝を逃した。先発の立野が3回4失点で降板。石井が5回に2ラン、7回に適時打を放って1点差に迫ったがあと1本が出なかった。

【写真】守備で超珍プレー

 守備での超珍プレーもあった。2―4で2点ビハインドの5回1死。西武・岸の止めたバットに当たったボテボテのゴロが日本ハム・一塁手・清宮の前に転がったが、捕球できずにはじくと、運良くベースカバーに走った投手・吉田がキャッチ。一塁ベースにはいつくばうようにヘッドスライディングをする気合のプレーでアウトにして見せた。

 吉田は「あれはキヨさん(清宮)が悪いです(笑い)。ベースも近かったし、ファウルになると思いながら一応カバーしていたらフェアだった。一応走っておいて準備は出来ていた。1発で(一塁ベースに)ヘッスラしようと思っていたんですけど、あまりに(ベースまで)距離遠すぎて、地面をバタフライしてしまった」と苦笑いしながら振り返った。

 清宮からは「ごめん、ごめん」と謝られたようで「難しい打球で、ベース近いし怪しかったので、取り方がワンチャンあるな、と思っていました」と笑いながら、先輩をいじっていた。

コメントは受け付けていません。