【皐月賞】データはキラーアビリティ筆頭 逆転候補はダノンベルーガとジャスティンロック(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

皐月賞はここ数年で一気に難しくなった。3歳初戦の有力馬が多く、トライアルでの対戦がなくなり、戦力比較ができなくなったからだ。これはもはや想像で埋めるしかない。ここでは過去10年間のデータから各トライアルを振り返る。

【桜花賞 2022予想】1番人気苦戦でナミュールに黄信号!? データ微笑むサークルオブライフ、ナムラクレア反撃へ(SPAIA編)

この10年で1番人気【3-1-1-5】勝率30%、複勝率50%が皐月賞の難しさを物語る。2番人気【2-3-0-5】勝率20%、複勝率50%、3番人気【1-2-3-4】勝率10%、複勝率60%、4番人気【1-2-1-6】勝率10%、複勝率40%まで上位人気拮抗。上記のように力量比較がつきにくく、買う側は想像力を問われる。今年もキラーアビリティ、イクイノックスの年明け初戦組とトライアル組の力関係が難しい。

中山の重賞は大きな馬を狙え。これが定石だが、3歳同士の皐月賞もこれが当てはまる。480~498キロ【5-4-3-42】勝率9.3%、複勝率22.2%、500~518キロ【2-2-4-23】勝率6.5%、複勝率25.8%と大きな馬のデータがいい。小回り中山は機動力も必要だが、パワーも同時に試される。大きすぎてモタつく馬は厳しいが、この480~518キロというゾーンは頭に入れておきたい。

コメントは受け付けていません。