清水隆行氏が指摘 鈴木誠也1号は完璧な当たり 甘い球が来るまで待てる我慢強さが好調の秘訣(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆米大リーグ カブス4ー5ブルワーズ(10日・シカゴ=リグレー・フィールド)

 【シカゴ(米イリノイ州)10日(日本時間11日)】カブスの鈴木誠也外野手(27)が本拠でのブルワーズ戦でメジャー初本塁打を放った。開幕3戦目は初めて「5番・右翼」で出場し、初回の第1打席で先制の3ランを打った。

 * * *

 鈴木のメジャー1号は完璧な当たりだった。3ボール1ストライクからの甘く入ったスライダーをミスなく、いい形で捉えた。飛距離も出ていたし、本人の感触もよかったのではないか。

 1球目、2球目は外めの真っすぐ。打っても確率が上がらないボールに手を出さなかった。3球目の振りそうなスライダーも我慢した。4球目も外の真っすぐ。そして5球目、初めて来た甘いボールを最初のスイングで仕留めた。

 あれだけの成績を残している打者でも、1本出るまでは不安な部分があったと思う。すごい選手と分かっていても、新しい環境では最初はどうしても「どれぐらいの実力なのか?」と見られてしまう。プレッシャーも少なからずあったはず。1本出て、ホッとしているだろう。

 メジャーは日本の試合のスケジュールとはまた違うし、移動なども大変。そんな中でどう適応して、どういった数字を残していくか。本塁打は現実的な数字として20本以上を期待したい。彼の場合は本塁打だけではなく打率もそうだし、打点も稼げる。守備力やスピードもあるし、トータル的な活躍を楽しみにしたい。(野球評論家・清水隆行)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。