野尻が貫禄の横綱相撲で通算7勝目 スーパーフォーミュラ第2戦(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆自動車・スーパーフォーミュラ第2(10日、静岡・富士スピードウェイ)

 自動車レースのスーパーフォーミュラ第2戦が10日、静岡・富士スピードウェイ(1周4・563キロ)で行われた。

 午前中の予選でベストタイムをマークした昨年の総合王者・野尻智紀(32)=チーム無限=はスタートからトップをキープ。26周目、ピットアウトしてからは初戦を制した平川亮(28)=カーエネクス・チーム・インパル=の追撃を許さず、昨年の第5戦(ツインリンクもてぎ)以来、通算7勝目を挙げた。

 ターゲットを平川に定め、勝つためのストーリーを予選から描いていた。「ポールを取らないと平川選手に勝てない。予選で前に出て押さえるしかないと思った。(ピットアウトしてからは)さすがに(平川選手は)来るなという感情になったが、なんとか勝つことができた」と野尻は冷静に振り返った。

 野尻の勝利に田中洋克監督も大喜び。「本当にうれしいです。去年、(ドライバーズ)チャンピオンを取って、『たまたまかよ』ということが、長い歴史の中でありました。今シーズンはチームの強さも問われる」。プレッシャーの中でも結果を残した。

 第3戦は4月23、24日、三重・鈴鹿サーキットで行われる。


コメントは受け付けていません。