【巨人】ドラ3赤星優志が7回2失点で初黒星 桑田コーチ「勝たせてあげたかった」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人1―2ヤクルト(10日・東京ドーム)

 巨人のドラフト3位・赤星優志投手が10日、ヤクルト戦で先発。7回を投げ、5安打2失点(自責1)と好投したが、打線の援護がなくプロ初黒星を喫した。

 1―1の7回2死から四球と安打で一、三塁のピンチを背負い、9番・高橋に投げた9球目の変化球を小林が捕逸。これが決勝点となった。降板後、「7回2アウトからの四球がすべてです。桑田コーチから1回、5回、7回が難しいと言われてきたので、次回までに意識して修正したいです」とコメントした。

 桑田投手チーフコーチは「よかったですね。非常にテンポも良く、制球も良かったと思います。本当に勝たせてあげたかったなという試合」と評価。次回登板へ向けては「また中6日で試合を作ってもらいたい」と、17日の阪神戦(甲子園)で先発させる方針を明らかにした。


コメントは受け付けていません。