【桜花賞】7番人気スターズオンアースが桜の女王に 川田将雅騎手「強い気持ちで走り切ってくれました」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆第82回桜花賞・G1(4月10日、阪神競馬場・芝1600メートル=良)

 2022年のクラシック初戦は、3歳牝馬18頭によって争われた。川田将雅騎手が手綱を執った7番人気のスターズオンアーズ(美浦・高柳瑞樹厩舎、父ドゥラメンテ)がゴール前で差し切って、重賞初制覇で桜の女王に輝いた。勝ち時計は1分32秒9。1勝馬の優勝は、2歳戦が行われる1946年以降では2016年のジュエラー以来6年ぶり8頭目。管理する高柳瑞樹調教師はJRA・G1初制覇となった。

【データで見る】スターズオンアースの血統、戦績

 鼻差の2着は2番手追走から一度は抜け出した3番人気のウォーターナビレラ(武豊騎手)、さらに半馬身差の3着は6番人気のナムラクレア(浜中俊騎手)が続いた。昨年の2歳女王のサークルオブライフ(ミルコ・デムーロ騎手)は3着から首差の4着。1番人気を集めたナミュール(横山武史騎手)は10着に終わった。

 川田将雅騎手(スターズオンアース=1着)「何より勝ち切ってくれたことが良かったです。追い切りに乗って、どういう馬かを把握しましたし、どういう形が力を一番出せるかを考えていました。(道中は)思ったよりついて行けない中で、無理をさせすぎないように。(直線は)スペースが狭くて他馬と接触しながらでしたが、強い気持ちで走り切ってくれました」

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントは受け付けていません。