【桜花賞】1番人気ナミュールは大外枠に泣く 10着に横山武史騎手「成長途上ですが、それでも勝てると思ったんですが…」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆第82回桜花賞・G1(4月10日、阪神競馬場・芝1600メートル=良)

 2022年のクラシック初戦は、3歳牝馬18頭によって争われた。川田将雅騎手が手綱を執った7番人気のスターズオンアーズ(美浦・高柳瑞樹厩舎、父ドゥラメンテ)がゴール前で差し切って、重賞初制覇で桜の女王に輝いた。勝ち時計は1分32秒9。1勝馬の優勝は、2歳戦が行われる1946年以降では2016年のジュエラー以来6年ぶり8頭目。管理する高柳瑞樹調教師はJRA・G1初制覇となった。

 鼻差の2着は2番手追走から一度は抜け出した3番人気のウォーターナビレラ(武豊騎手)、さらに半馬身差の3着は6番人気のナムラクレア(浜中俊騎手)が続いた。昨年の2歳女王のサークルオブライフ(ミルコ・デムーロ騎手)は3着から首差の4着。1番人気を集めたナミュール(横山武史騎手)は10着に終わった。

 横山武史騎手(ナミュール=10着)「ゲートに課題があるので、(最後入れの大外は)いい枠だと思っていました。レースも内から4頭目で、思い描いた形で直線に向くことができました。早仕掛けだけ気をつけて、予定通り追い出しましたが、スムーズすぎるより、馬群で我慢させた方がいいのかもしれません。まだ成長途上ですが、それでも勝てると思ったんですが…」

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。