【春雷S】ヴェントヴォーチェがV ロードカナロアのコースレコードに0秒1差と迫る(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

4月10日の中山11R・春雷S(リステッド、4歳以上オープン、芝1200メートル)は1番人気のヴェントヴォーチェ(牡5歳、栗東・牧浦充徳厩舎、父タートルボウル)がロードカナロアが持つコースレコード(1分6秒7)に0秒1差と迫る1分6秒8(良)の好タイムで制した。

【データで見る】ヴェントヴォーチェの血統、戦績

 中山名物の急坂が待ち受ける直線でもグングン加速。一気先頭に躍り出ると、2着に3馬身差をつけての快勝劇を見せつけた。「(2年ぶりの騎乗も)馬がすごくパワーアップしていましたね。厩舎、牧場がしっかり仕上げていただいて、感謝したいですね」と西村淳也騎手。オープン入り後3戦目でのVに牧浦調教師も「持ち時計がなかったんですが、いい時計で勝ちきってくれました。オープンでも勝てたので、この先大きいところを考えています」と笑顔だった。

 内容とともに名馬ロードカナロアに迫る好タイムも収穫の一戦。今後は「まだ決まってはいませんが、サマーシリーズを考えています」と函館スプリントS・G3(6月12日、函館・芝1200メートル)あたりが候補に挙がっている。

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントは受け付けていません。