杉浦貴、4・30両国の前哨戦で拳王に完勝「おちゃらけてないところをオジサンは見せたかった」…4・9後楽園全成績(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆プロレスリング・ノア「REAL OVERTURE2022」(9日、後楽園ホール)観衆422

 プロレスリング・ノアは9日、後楽園ホールで「REAL OVERTURE2022」を開催した。

 メインイベントで4・30両国国技館大会で激突するGHCタッグ選手権の王者・杉浦貴(パートナーは鈴木秀樹)と挑戦する拳王(パートナーは中嶋勝彦)が一騎打ち。試合は、18分44秒、アンクルホールドで杉浦が拳王を破り両国決戦へ弾みをつけた。

 この試合前に拳王が杉浦へ「おちゃらけて試合をやっている」などと挑発していた。試合後のリングでマイクを持った杉浦は「俺がおちゃらけてプロレスやってるだと?俺も鈴木秀樹もいつだって本気だ。真剣にプロレスやってんだよ!おちゃらけてる奴は桜庭和志だけだ!」と切って捨てた。これに拳王は無言でリングを去った。

 バックステージでも杉浦は「おちゃらけてやっていると言われたんでね。おちゃらけてないってところをオジサンは見せたかったんで。あんだけ人前で言われたんでね。違うだろうっていうのを証明したかったし、言い返したかった」と胸を張っていた。

 4・9後楽園ホール全成績

 ▼シングルマッチ

〇杉浦貴(18分44秒、アンクルホールド)拳王●

 ▼6人タッグマッチ

潮崎豪、〇清宮海斗、稲葉大樹(16分51秒、ダブルアームロック)丸藤正道、田中将斗、望月成晃●

 ▼8人タッグマッチ

原田大輔、小峠篤司、〇YO―HEY、宮脇純太(10分43秒、ドロップキック→片エビ固め)HAYATA、小川良成、吉岡世起●、進祐或

 ▼6人タッグマッチ

〇鈴木秀樹、NOSAWA論外、スペル・クレイジ(8分43秒、ダブルアームスープレックス→エビ固め)中嶋勝彦、タダスケ、大原はじめ●

 ▼6人タッグマッチ

〇船木誠勝、征矢学、、仁王(11分43秒、ハイブリッドブラスター→体固め)マサ北宮、稲村愛輝、覇王●

 

 ▼タッグマッチ

キング・タニー、〇モハメド・ヨネ、(10分20秒、キン肉バスター→片エビ固め)岡田欣也、藤村加偉●

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。