【ラグビー】当事者たちはどう見る? ラインアウト&モール安定のイーグルス、9日にスピアーズ戦。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

手柄は誇らない。監督の沢木敬介に慢心しないよう言われているようだが、謙遜したくなる理由は他にもある。

「選手がよく頑張ってくれて。ほんと、これにつきます。結果に満足しているわけではないですが、やってくれている選手には感謝しています」

 宇佐美和彦は開口一番に言った。

 アシスタントコーチを務める横浜キヤノンイーグルスは、今年1月からのジャパンラグビーリーグワン・ディビジョン1で目下12チーム中4位。前身のトップリーグ時代を上回る成績で、プレーオフ行きに近づく。

 宇佐美は現役時代、長身のLOとして日本代表入り。昨季限りで引退し、通算5季プレーしたクラブで指導者となっていた。

 おもな担当はラインアウト。タッチライン際での空中戦だ。試合ごとに相手の並びを分析したり、自分たちの球を保持する術を策定したり。限られたミーティングの機会と練習時間で、必要なプランとスキルを選手に落とし込む。

 協同の意識がある。

 現役時代から得意だった相手ボール時の防御については、自らがイニシアチブを取る。一直線に並ぶうちどの選手が球を呼び込むか、捕球後はどのように攻めるかを読むのが、得意だからだ。

 かたや自軍ボールの獲得へは、熟練者の知見も参考にする。南アフリカでキャリアを重ねてきたFLのコーバス・ファンダイク、ウェールズ代表として32キャップ(代表戦出場数)を誇るLOのコリー・ヒルとよく話し合う。

「コーチが言っていることがすべてではない。それに自分はまだ1年目ですし、2人(ファンダイク、ヒル)の方が知識も経験もある。アタックでは選手がやりたいサイン、ムーブを尊重して、『OK。それ、やろうか』というふうにしています。『絶対にこれをやれ!』という進め方はしていないです」

 ファンダイクもうなずく。

「まずは宇佐美さんがプランを考え、私とコリーを含めた3人で話し合う。そこで固まった計画を日々の練習で遂行し、週末の試合でいいパフォーマンスが出せるようにしています」

 会心のワンシーンがあった。

 3月18日、雨に降られた東京・秩父宮ラグビー場。トヨタヴェルブリッツとの第10節の後半開始早々、ハーフ線付近右で向こうのラインアウトをファンダイクがスティールした。列のやや前方で飛び、球を味方の側へ弾いた。

 ここからWTBで途中出場の松井千士が好ランを、スターターのWTBだったヴィリアメ・タカヤワが好キックを繰り出す。イーグルスは、敵陣ゴール前左へ侵入する。間もなくスコアを3-9から10-9とし、最後は前年度4強のヴェルブリッツを20-9で下した。

 勝負を分けた一手を、ファンダイクはこのように振り返った。

「本当に計画通りというか…。相手に圧力をかける部分で、うまくいったと思います」

 ラインアウトと言えば、捕球した直後のモールも必見だ。塊を作って押し込むモールに、今季のイーグルスは自信を持つ。

 2月19日の第6節でも、敵陣ゴール前左のラインアウトからのモールでチーム初トライをマーク。前半21分だった。その約4分前には、ハーフ線付近右でのラインアウトからモールを組んだ。じりじりと押し、時間を稼いだ。後衛陣は助かっただろう。折しも、イエローカードの多発で2人の数的不利を強いられていたからだ。

 その日は結局、4つあったチームのトライのうち3つをモールで奪った。複数名で束となるや、左へ、右へと軸回転を加えながら前に出た。ホストの静岡ブルーレヴズを28-18で下し、雨のヤマハスタジアムで喜び合った。

 モールでは選手間のつながり、相手のいない場所を見つけて進む組織的な判断力が問われる。反復練習で互いのイメージをすり合わるのは必須だ。

 イーグルスは日頃、全体練習の前にラインアウト、モール、8対8で組み合うスクラムのセッションを重ねる。NO8のアマナキ・レレイ・マフィは「モール、スクラムを合わせて1時間くらいやっているよう」と証言する。宇佐美は「そんなには、やらないです」と笑うが、そう感じさせるだけの濃度なら保つ。

 宇佐美とともにモールを教えるのは、昨季入閣の佐々木隆道アシスタントコーチだ。接点の動き、防御のコーチングも担う元日本代表FLの佐々木は、赤い塊が進む秘訣を問われて述べる。

「いまは考える環境を設定できていて、選手たち自身がよく考えるようにもなっている。イーグルスが求めるモールのキーポイントについて、選手たち自身に話し合わせているんです。そこでひとりひとりの(モールのなかでの)役割を明確にして、それができているかを常にチェックし合っています。細かいところにどこまでこだわってやれているか。そこが(精度を左右する)大きな要因じゃないですか」

 チームは現体制2季目。指揮官の沢木は、エディー・ジョーンズが率いていた時代の日本代表でコーチングコーディネーターを務め、2015年のワールドカップ・イングランド大会で歴史的3勝を挙げた。2016年以降の3シーズンは現・東京サントリーサンゴルアスを率い、トップリーグ2連覇を達成した。

 イーグルスでも昨季、トップリーグでの順位を12位から5位タイ(8強入り)に引き上げる。リーグワン元年も好調を維持する。宇佐美はこうだ。

「練習の雰囲気はピリッとしている。ただ、(練習時間は)長くないし、午前中だけ。選手にとってはリカバリー(回復)できる時間もあります。沢木さんが監督になってから、本当にけが人が少ないんです」

 選手生活の大半を沢木のいたサンゴリアスで過ごした佐々木は、「もちろん高い要求をしていますし、ハードなトレーニングを設定していますけど、それを突き動かすのは選手自身。まだまだでもありますが、選手ひとりひとりがよくやっています」。さらに補足する。

「本当によくなろうと思ったら、ラグビーのために、チームが勝つために行動に変えないといけない。そこに本気で取り組む人間がどれだけいるのか。その母数が多ければ多いほどいいのではないですかね」

 宇佐美は30歳で佐々木は38歳。いずれもこの2年以内でスパイクを脱いだばかりだ。46歳の沢木は、2人の有望な日本人コーチを本人たちのいない場所で讃える。

「まだ(引退してコーチになって)1~2年目ですが、ラグビーに対する情熱、一生懸命に頑張る姿は選手にも伝わっていると思います。ミーティングでも選手は(2人の)話はしっかりと聞きますし、トレーニング中も信頼しているような態度を取っている。もし、(2人が)平凡なことばかりを言っていたら、(選手は)誰も話を聞かないと思うんです。ただ2人は『次の試合はこうだから、こういうふうなことにチャレンジしようぜ』というものを毎回、考えている」

 4月9日、大阪・万博記念競技場での第12節に挑む。対するは、現在2位のクボタスピアーズ船橋・東京ベイだ。

 2月6日の第5節で戦った際は、21-50と敗れている。神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場で肉弾戦をやや制圧され、混沌局面からスペースを攻略された。

 ただ前半10分には、敵陣ゴール前左でのラインアウトからジャンプせずにモールを作ってトライ。一定の成功体験は得ている。

 何より、相手にモールを押させなかった。当日の先発FWの平均体重で5.75キロも下回るなか、むしろ差し返すことさえあった。宇佐美は言う。

「まず相手の分析をする。どこでモールを組まれるのが一番、脅威になるのかを見る。そして、そこでモールを組まれないように(防御の並びを工夫して)セットアップする。相手の『ここで組んだら強い』というモール(の選択肢)を消させます」

 今度はリベンジに向け、リザーブにFWの選手を通常よりも1人、多く配置する。スターターは、キックオフと同時にエンジン全開でぶつかれるか。

 佐々木は、メンバーが定まる前からこう誓っていた。

「イーグルスらしく、80分間、本当にアグレッシブに戦い続けるだけです。そうしたら、絶対に結果はついてくる」

 縁あって集まった若き首脳陣は、オールアウトした先でシーズン8勝目をつかむ。

(文:向 風見也)

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。