渡邊所属のラプターズが劇的逆転勝利…八村はチームトップ21得点も黒星/NBA(バスケットボールキング)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:バスケットボールキング

4月9日(現地時間8日)、NBAではレギュラーシーズン9試合が行われた。

 渡邊雄太が所属するトロント・ラプターズは、敵地でヒューストン・ロケッツと激突。試合を通して後手に回っていたラプターズだったが、第4クォーターで32-20の猛攻を仕掛け、残り4.8秒にギャリー・トレントJr.が決勝点をヒット。チームは117-115で勝利し、渡邊も12分の出場で3得点3リバウンドを挙げた。

【動画】チームトップの21得点を挙げた今日の”ハイ塁ト”

 ダラス・マーベリックスはポートランド・トレイルブレイザーズと対戦。この試合では第1クォーターからマブスがブレイザーズを圧倒し、いきなり36-13と抜け出すことに。その後もマブスはメンバーを落としつつも各クォーターでブレイザーズを上回り、128-78と大差で勝利した。

 ワシントン・ウィザーズはホームにニューヨーク・ニックスを迎えた。立ち上がりこそ主導権を握り、8点差をつけて最初の10分を終えたウィザーズ。しかし、第2、第3クォーターで相手の猛攻をしのぎきれず、一転してビハインドを背負うことに。ウィザーズは八村塁の21得点を筆頭に積極的に攻撃したものの、逆転は叶わず92-114で敗れた。

 そのほかの試合結果は以下の通り。
■試合結果 ※左側がホームチーム
ロサンゼルス・レイカーズ 120-101 オクラホマシティー・サンダー
デトロイト・ピストンズ 101-131 ミルウォーキー・バックス
ワシントン・ウィザーズ 92-114 ニューヨーク・ニックス
ブルックリン・ネッツ 118-107 クリーブランド・キャバリアーズ
トロント・ラプターズ 117-115 ヒューストン・ロケッツ
マイアミ・ヒート 113-109 アトランタ・ホークス
シカゴ・ブルズ 117-133 シャーロット・ホーネッツ
ダラス・マーベリックス 128-78 ポートランド・トレイルブレイザーズ
ユタ・ジャズ 105-111 フェニックス・サンズ

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。