選手7名の新型コロナ陽性判定を受け、信州が三河とのGAME2の中止も発表(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

4月9日、信州ブレイブウォリアーズは、医療機関にてPCR検査を受検した結果、チームスタッフ3名、選手7名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定が確定したことを発表。これにより、翌日開催予定のB1第30節、シーホース三河とのGAME2は、「B1・B2リーグ戦試合実施要項 第6条第3項第3号」に規定する試合エントリー要件を充足できず、「Bリーグ規約 第55条第2項第2号」により試合を中止することとした。

 信州は同日開催予定だった三河とのGAME1を、選手1名に新型コロナウイルス感染症の疑いがある症状が発生、受検した検査の結果では感染の疑いを否定できないという医師の診断もあり、これを受けその他選手についてもBリーグ独自濃厚接触者判断基準によりその他接触者判断になりうることからすでに中止していた。

 また、代替試合について、試合実施可能日の残数により調整が成立せず、本試合は規約規定に基づいて消滅(不開催)扱いとなったことも合わせて発表。次節以降の試合開催については、Bリーグとも協議し、決定次第発表することになっている。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。