【大阪杯】エフフォーリア、ジャックドールをデータで検証! 対抗するのは阪神重賞実績馬4頭!(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

4月終わりの香港が遠征不可になった。大阪杯はそういった事情も影響したのか、フルゲート16頭のところに18頭が登録。G1昇格後、フルゲートになったのは18年の1回しかない。その結果は1、6、2番人気。今年はどうなるだろうか。ここではG1に昇格した17年以降5回分のデータから攻略のヒントを見つけていきたい。

【高松宮記念 2022予想】レシステンシア、メイケイエール出走予定 過去48頭全滅のマイナスデータ、今年は危険な人気馬多数!?(SPAIA編)

まずは人気。1番人気は【2-0-2-1】勝率40%、複勝率80%。負けたのは19年ブラストワンピース6着だけ。連軸として信頼できる。2番人気も【1-1-1-2】勝率20%、複勝率60%とそこそこいいが、3番人気が【0-0-0-5】と好走がない。ただし4番人気は【1-1-2-1】勝率20%、複勝率80%と好成績なので、3番人気不振が不思議でならない。5番人気【0-0-0-5】、6番人気【0-2-0-3】複勝率40%、7番人気【0-1-0-4】複勝率20%。3番人気が厳しい分、複穴出現の可能性はある。

4歳【2-2-4-15】勝率8.7%、複勝率34.8%、5歳【3-2-1-21】勝率11.1%、複勝率22.2%の2世代が主力。6歳【0-1-0-10】複勝率9.1%、7歳以上【0-0-0-8】。アフリカンゴールドはこのデータに立ち向かう。

舞台は阪神内回り芝2000m。馬場状態が比較的いい春開催ということもあり、基本的に先行優位で逃げ【1-0-1-3】勝率20%、複勝率40%、先行【2-3-0-9】勝率14.3%、複勝率35.7%。中団【1-2-3-25】勝率3.2%、複勝率19.4%、後方【0-0-0-15】なので、まずは先行勢から検討したい。当然ながら逃げるジャックドール、その後ろにいるだろうレイパパレは注目。エフフォーリアも基本的には好位から競馬できる。コース形態を考え、後ろに下げることはない。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。