【桜花賞】ナミュール豪脚唸る 東大HCが阪神芝1600mを徹底検証(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

今週は阪神芝1600mを舞台に牝馬クラシックの初戦、G1桜花賞が行われる。「牝馬の国枝」の歴史に新たな1ページを刻みたい2歳女王サークルオブライフ、チューリップ賞を楽々と撫で切った豪傑ナミュール、クイーンC覇者プレサージュリフト、阪神JF好走組のラブリイユアアイズ、ウォーターナビレラなどが桜の女王の座を争う。

【桜花賞 2022予想】1番人気苦戦でナミュールに黄信号!? データ微笑むサークルオブライフ、ナムラクレア反撃へ(SPAIA編)

当該コースが舞台の重賞は6レース。G1は今週の桜花賞に加え、暮れの2歳最強マイラー決定戦の阪神JF・朝日杯FSの3レース、G2は桜花賞の最重要ステップレースであるチューリップ賞、今週土曜に行われる阪神牝馬S、G3は3着までにNHKマイルへの優先出走権が与えられるアーリントンCが行われる。

これらのレースに加え、2022年は京都競馬場改修などに伴う開催日割の変更を受けてさらに3つの重賞が開催される(G1マイルCS、G2デイリー杯2歳S、読売マイラーズC)。この阪神芝1600mについて、データを見ながら分析していこう。(使用するデータは特筆なき限り2017年4月8日~2022年4月3日)。

まずはコース紹介。阪神芝1600mは2006年の改修によって誕生した外回りを使用する。向正面をスタートして3コーナー手前まで上り、4コーナーの途中まではほぼ平坦な道を進む。残り3ハロンあたりから400m程度の下り坂を迎え、ゴール前の急坂(高低差1.8m)を駆け上がるとゴールが待ち受ける。直線はBコース使用時で476.3m。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。