J2最下位の大宮・佐野社長が声明「重く受け止めております」 新フットボール本部長を招へいへ(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

J2大宮の佐野秀彦・代表取締役社長兼フットボール本部長が7日、クラブ公式サイトで「大宮アルディージャを愛する全ての皆さまへ」と題して声明を発表した

 チームは開幕から8戦勝ちなし(3分け5敗)で最下位。佐野氏は「クラブとして重く受け止めております。ファン・サポーター、パートナー、後援会、ホームタウンの皆さま、そしてクラブに関わる全ての皆さまの期待に応えられない状況となっていること、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

 今季は14選手が新加入し、「攻守において躍動感、一体感を持ち、2点取って走り勝つサッカー」を掲げてJ1昇格を目指してスタートした。「チームとしてはクラブのフットボールビジョンを体現していくための明確なスタイルや戦術があり、試合ごとにチーム全体で議論を重ね、ピッチ上で起きた現象に修正を施しながら全員で戦ってきました。しかしながら、チームの躍動感・ひたむきさが表現しきれず開幕から結果に結びつかない状況です」とした。

 危機的状況を打破するため、「ピッチで選手たちが躍動できる環境を作り上げること」を急務に挙げた。具体策として「私が兼務しているフットボール本部長を新たに招聘し、特に強化分野の強化を図ります。併せて、招聘したフットボール本部長とともにチームに必要なスタッフや選手の補強等を実行します」と記した。

 9日の次節・甲府戦(NACK)にむけ「チームとして変化を加える部分とブレずに突き進む部分を、強化部・監督・コーチ・スタッフ・選手で意識統一を行い、チームに関わる一人一人が強い責任と自覚をもって戦うことを私を含めて改めて確認を行いました」。今季の目標について「J1昇格を目指しJ1参入プレーオフ出場圏内の6位以内に向け全力で戦ってまいります」と強調した。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。