【桜花賞】2歳女王サークルオブライフが3頭併せで軽快なフットワークを披露(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆第82回桜花賞・G1(4月10日、阪神競馬場・芝1600メートル)追い切り=4月6日、美浦トレセン

 昨年の2歳女王サークルオブライフ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎、父エピファネイア)が、Wコースで3頭併せを行った。

 2頭の真ん中に入り、外のロードオブシャドウを2馬身追いかけ、内のモーソンピークから2馬身先行してスタート。重心の低い走りで高い集中力でフットワークは軽快。最後の直線では3頭が並ぶと2頭の間から末脚を伸ばし、6ハロン82秒5―11秒3(5ハロン66秒0)。

 前走のチューリップ賞は3着に終わったが1度使った上積みは大きそうだ。

コメントは受け付けていません。