【ラグビー】リーグワン2部、下位チーム奮闘するも三重ホンダヒートと三菱重工相模原ダイナボアーズが勝利(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

NTTジャパンラグビーリーグワン2022は、4月2日にディビジョン2(第9節)の2試合がおこなわれ、トップ3入りを決めている三重ホンダヒートと三菱重工相模原ダイナボアーズが敵地で勝利を収めた。

 6チームが参加しているディビジョン2は、ホスト&ビジターの2回戦総当たり形式で全10節を戦ったあと、上位3チームと下位3チームに分かれて順位決定戦をおこなうことになっている。

 3位の三重ホンダヒートは岩手県の釜石鵜住居復興スタジアムで5位の釜石シーウェイブスと対戦し、苦しみながらも18-17で競り勝った。

 3-3で迎えた前半27分、三重ホンダヒートは敵陣22メートルライン手前のスクラムから、ボールを持ち出したSH根塚聖冴が鋭いフットワークでサイドを抜け、そのままゴールへ走り切り勝ち越した。

 しかし、地元で勝利を目指す釜石シーウェイブスは36分、ハーフウェイで、元ニュージーランド代表のSOブレット・キャメロンがディフェンダーをひきつけてNO8サム・ヘンウッドの突破をアシストし、サポートについたFL河野良太がタックラーを振り切ってゴールに持ち込んだ。コンバージョン成功で同点となる。

 そして、39分、危険なタックルをした三重ホンダヒートの選手にイエローカードが出ると、数的有利となった釜石シーウェイブスはハーフタイム前、敵陣深くでのラインアウトからモールを組んだあとすぐにボールを出し、走り込んできたCTBヘルダス・ファンデルヴォルトがディフェンスを破ってインゴールに入り、7点リードして折り返した。

 後半に入っても、ホストチームの奮闘に苦しんでいた三重ホンダヒートだが、62分(後半22分)、SOジョノ・ランス、WTB生方信孝の連係プレーでチャンスメイクし、CTB渡邉弐貴がトライゲッターとなり2点差に詰めた。

 そして、勢いづいたビジターに対し、釜石シーウェイブスは反則が続くようになり、三重ホンダヒートは68分にペナルティゴール(PG)で逆転する。

 1点差で追う釜石シーウェイブスは80分経過を知らせるホーンが鳴ったあと、敵陣10メートルライン付近でペナルティを得、SOキャメロンがPGを狙ったが、わずかに外れ、直後、ノーサイドの笛が鳴った。

 三重ホンダヒートはこれで6勝3敗(総勝点27)、釜石シーウェイブスは1勝8敗(総勝点7)となった。

 首位の三菱重工相模原ダイナボアーズは、広島県のバルコムBMWスタジアムで6位のマツダスカイアクティブズ広島と対戦し、59-14と大勝した。

 三菱重工相模原ダイナボアーズは前半4分、LOジャクソン・ヘモポがタックルされても前進し続け先制トライを挙げると、15分にはクイックタップから速攻でCTB杉浦拓実が5点を追加した。

 一方、ホストゲーム最終戦で燃えるマツダスカイアクティブズ広島は21分、左サイドを細かくつなぎ、CTB李修平がディフェンダーをひきつけ、ボールをもらったWTB大内空がゴールへ駆け抜けた。さらに24分には、ハーフウェイでPR大竹智也がインターセプトしてそのまま約50メートル走り切り、同点トライ。SO龍野光太朗がコンバージョンを決め、逆転した。

 しかし、ギアを入れ直した三菱重工相模原ダイナボアーズは28分、WTBタウモハパイ ホネティがピックアップから密集を抜けてゴールに持ち込み、再び先行すると、35分にも力強い走りでタックラーを弾き飛ばし、連続トライでチームを鼓舞した。

 24-14で折り返した三菱重工相模原ダイナボアーズは54分(後半14分)、自陣からアタックを継続し、SH岩村昂太がゲインしたあとLOヘモポ、CTB奈良望とつなぎ、トライ。59分にも奈良がフィニッシャーとなり、点差を広げると、その後もドライビングモールなどで3トライを追加し、チャレンジャーを突き放した。

 三菱重工相模原ダイナボアーズはこれで9勝0敗(総勝点42)、マツダスカイアクティブズ広島は1勝8敗(総勝点4)となった。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。