9連勝を飾った琉球の並里成「地区優勝を意識せず、目の前のプレーを大切に…」(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

Bリーグの第28節が4月2日から3日にかけて行われ、琉球ゴールデンキングスは滋賀レイクスターズと対戦。試合後のコメントをクラブ公式ホームページが伝えている。

【動画】琉球vs滋賀 第2戦のハイライト

 琉球は第1クォーターから猛攻を仕掛け、第1戦に92-50で快勝した。この試合で28得点15リバウンド2ブロックと躍動したジャック・クーリーは「今日はチームプラン通りの試合ができました。最近は強度の部分が不足していたと思うので、その点を皆が意識できていたことが、試合でいいスタートを切ることができた要因だと思います」と試合を振り返り、「明日の試合も集中して臨みます」と第2戦に意気込んだ。

 また、4本の3ポイントを含む18得点を挙げた岸本隆一は「試合の出だしで、チームとして戦い方のコンセプトができたので、それに引っ張られてベンチからでてきた選手も、いい強度と緊張感でプレーできました。ビックプレーで流れを作ったというよりも、小さいプレーの積み重ねでゲームの主導権を握ることができたと思います」と試合を分析。自身もベンチから出場し、第4クォーターには一挙に16得点を奪うなど、爆発力を発揮した。

 続く第2戦でも、終始試合を優位に進めた琉球は94-78で勝利し、9連勝を飾った。9得点7アシストをマークした並里成は、「自分達がリズム良くボールを回しながら、相手の空いたスペースにつけ込むことが2日間できたと思います」と語った。

 さらに、「地区優勝などを意識せずに、目の前の試合にフォーカスして取り組んでいることが結果につながっていると思うので、これからも目前のプレーを大切にしていきたいです」と話しており、現在リーグ最高勝率の39勝4敗で西地区の首位を走っているが、一切慢心はないようだ。

 12得点と存在感を示した今村佳太は「チャンピオンシップに向けて、いかに自分たちのプレーをすることがカギになると思うので、個に頼ることなくチームとして何ができるかということを考えてプレーしたり、続けていくことが大切だと思います。トライアンドエラーを繰り返して、より質の高い試合ができればと感じました」と語り、悲願のリーグ制覇へ向けて、一層高いモチベーションを保っている。

 琉球は次節、4月6日にホームで三遠ネオフェニックスとの試合に臨む。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

                  ザ・シークレット・ホース

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。