2015年本塁打競争優勝のフレイジャーが現役引退を表明 昨年の東京五輪では米国代表で銀メダルの一員に(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

通算218本塁打のスラッガー、トッド・フレイジャー内野手が5日(日本時間6日)、現役引退を表明した。

 36歳のフレージャーは2007年レッズの1巡指名(全体34位)でプロ入り。2015年には地元シンシナティで開催されたオールスター戦前夜祭のホームラン・ダービーで優勝を果たした。

 翌年、ホワイトソックスで自己最多の40本塁打を放った。昨季はパイレーツで13試合に出場したものの打率8分6厘、本塁打0に終わったが、東京五輪の米国代表チームに選出され、銀メダル獲得に貢献していた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。