【巨人】戸郷翔征初黒星 プロ初タイムリーも「6回ですね。粘れていたら」…連勝6でストップ(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 広島3―1巨人(5日・マツダスタジアム)

 巨人が広島に敗れ、連勝が6でストップした。先発の戸郷が1点を追う4回に自らプロ初タイムリーとなる同点打を放ったが、6回、松山に決勝打を献上。6回6安打3失点で今季初黒星を喫した。打線は九里を攻めきれず、1点止まり。開幕4カード目で初めて初戦を落とし、2位・広島とのゲーム差は1に縮まった。

【写真】ベンチから戦況を見つめる原監督

 開幕ダッシュは、一息つく結果となった。9回2死一塁、一発が出れば同点という場面で、最後は代打・ウィーラーが右飛に倒れた。連勝が6で止まり、今季2敗目を喫した。

 先発・戸郷が惜しくも粘りきれなかった。初回2死一、二塁から、坂倉に左前適時打を浴びて先取点を与える。2回以降は立ち直って試合をしっかりとつくり直したが、同点の6回に1死一、三塁から松山の中前適時打で勝ち越しを許すと、続く会沢の遊ゴロ間にも失点し、この回でマウンドを降りた。6回6安打3失点で今季初黒星を喫し「6回ですね。もう少しあそこで粘れていたら展開が変わっていたと思うので、次は粘りを意識した投球をしたい」と唇をかんだ。

 クオリティースタート(QS=6回以上自責点3以下)を達成し、4回には自身のプロ初適時打となる同点の左前適時打を放つなど、戸郷は攻守に奮闘した。決して悲観する内容ではない。ただ、許した6本の安打は全て左打者。本人も左打者対策は課題としており、慎重な攻めとなった印象だ。外に逃げるように落ちるフォークを多投したが、それ一辺倒となれば絞られてくるし、中盤以降の握力にも影響を与える可能性もある。「ちょっと変化球に頼りすぎたという部分が反省かな。左打者にね。やっぱり胸元に真っすぐを見せるということが大事なことだと思う」と原監督は指摘。最速151キロを計測した直球に球威はあった。大胆に攻めることも今後の鍵となってくる。

 好調の打線もしぶとく走者を出し続けたが、この日はあと一本に欠けた。初回2死満塁では丸のライナーが右翼手正面を突き、7回には無死一塁から坂本が大飛球を放つが、左翼手・西川がフェンスを恐れずに好捕。同じく1死一、二塁からも岡本和が三遊間へ鋭い打球を放つが、好反応を見せた坂倉に阻まれ、併殺に。指揮官も「紙一重でね。いい当たりしても、いい守備されたというところがあるね」と相手の好守を素直にたたえた。

 大型連勝が止まった時は、次の試合が大切になる。原監督も「毎試合、毎試合ね」と切り替えを強調。開幕から10戦8勝というロケットスタートに成功した今は、連敗を避けさえすればペナントの流れは自然とやってくる。(西村 茂展)

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。