【巨人】赤星優志、「タイミングを早く取るように」村田コーチに指導受けプロ初安打 (スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人9―5阪神(3日・東京ドーム)

 巨人のドラフト3位右腕・赤星がセ・リーグの新人一番乗りでプロ初勝利を挙げた。阪神打線を相手に持ち前の制球力を武器に7回4安打2失点と好投。今季は堀田、戸田に続くプロ初白星で、開幕9試合目での初勝利3人は球団初の快挙となった。

 ◆赤星に聞く

 ―ウィニングボールを受け取った気持ちは。

 「うれしかったです。ここからどんどん勝てるように頑張っていこうと思いました」

 ―立ち上がりは慎重。

 「初回が一番難しい。先頭を出してしまったが、そこから落ち着いて投げられたのでよかったです。先輩方が『次のバッター、しっかり抑えていけよ』って声をかけてくれたので落ち着いて投げられました」

 ―プロ初安打もマーク。

 「バッティングがあまりにもひどかったので、村田コーチにタイミングを早く取るように言われて、バットに当たってよかった」

 ―家族へメッセージは。

 「小さい頃から応援してもらっていたので、初勝利を挙げられて本当に自分としてもうれしい。ウィニングボールは親にあげたいと思います」

コメントは受け付けていません。