トップは47勝の川田将雅騎手で変わらず ルメール騎手は4位にダウン【3月終了時点での騎手リーディング】(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

春の大舞台に向けたトライアルレースが続々と行われ、最終週にはG1・高松宮記念も行われた3月の競馬開催。新人騎手もデビューし、早くも存在感を見せつけるなど、様々な話題があった。今回は3月5日~27日までの開催9日間におけるリーディング上位騎手の成績、節目の記録達成のニュースを紹介していく。

【大阪杯 2022予想】エフフォーリア現役最強の証明か、新星ジャックドールか 「55連敗中」の気になるデータとは?(SPAIA編)

騎手リーディングトップは2月末の時点と変わらず、川田将雅騎手。3月最終週はドバイ遠征のためJRAでは騎乗しなかった。それでも2→0→3→2→1→1→3→0→0という日別の成績で12勝を上積みし、47勝。フラワーCではスタニングローズに騎乗して勝利、今年の重賞2勝目をあげた。

岩田望来騎手は前月の19勝には及ばなかったものの、1日4勝という固め打ちもあり1週を終わった時点で2位に浮上。月間12勝、年間では40勝としている。重賞勝ちはなかったが、スプリングSではサトノヘリオスで3着、高松宮記念ではロータスランドで2着と上位に入ったこともあり、賞金ランキングでも6億3,681万2,000円で2位に浮上した。

続いて横山武史騎手がプラス13勝、合計35勝で3位に浮上。チューリップ賞ではナミュールを見事勝利に導いた。4月はエフフォーリアとともに大阪杯でG1タイトル奪取のチャンスあり。どのような活躍を見せるのか非常に楽しみだ。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。