【高松宮記念】3強にあらず、隠れた実力馬多数 京大競馬研の本命は末脚切れるナランフレグ(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

3月27日(日)に中京競馬場で高松宮記念(G1)が行われる。昨年短距離G1で全て2着のレシステンシア、一昨年の2歳王者グレナディアガーズ、荒ぶる重賞4勝馬メイケイエールの3強ムードが漂う一戦。その他にも重賞馬は多数いるが、3強それぞれが勝ち方など他と比べて目を引く競馬をしてきたことは間違いない。しかし果たしてこの3頭で堅く買ってしまってもいいのか。データをもとに調査しよう。

【高松宮記念 2022予想】レシステンシア、メイケイエール出走予定 過去48頭全滅のマイナスデータ、今年は危険な人気馬多数!?(SPAIA編)

まずは過去10年の好走馬の通過順位と前後半のラップについて調べた。1月に同コースで行われたシルクロードSの際に、中京芝1200mの脚質別成績をあげて「上のクラスほど末脚重視で、逃げ馬には厳しいコースである」と述べた。

高松宮記念も例外ではなく、逃げ馬の好走は20年1着のモズスーパーフレア(2位入線から繰り上がり)と13年3着のハクサンムーンのみと当てにできない。対照的に、二桁番手からの追込みが7頭届いているなど差し馬の台頭が多い。

良馬場以外で行われた年は10年中5年あるが、後方待機勢の末脚は削がれることなく3頭が連対している。その3頭とは、顕彰馬クラスだった20年2着グランアレグリア、17年2着レッツゴードンキと14年2着スノードラゴン。後ろの2頭はダートでも好走歴がある。また17年に中団から伸びて3着だったレッドファルクスもダートで4勝を挙げるなどパワー豊富。この3年とも1着は先行した馬であり、印を追い込み馬で固めるのは禁物だが、雨予報の今回はダート血統の差し馬を1頭以上は馬券に入れておきたい。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

            高品質・安心の

ルイボスティーはこちら

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。