【高松宮記念】丸田恭介騎手とナランフレグだからこそできた、渾身のイン強襲!(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

デビュー16年目丸田恭介騎手と開業30年目の宗像義忠調教師がついにG1を手にした。高松宮記念のゴール後、中京競馬場のスタンドから送られた拍手は温かい。大波乱ながら幸せな時間だった。

【高松宮記念 2022予想】レシステンシア、メイケイエール出走予定 過去48頭全滅のマイナスデータ、今年は危険な人気馬多数!?(SPAIA編)

昨年の春秋スプリントG1・3着以内馬6頭のうち、いずれも2着だったレシステンシアしか出走しない、高松宮記念は例年以上に超がつく大混戦だった。そのレシステンシアを中心に復活メイケイエールや短距離に矛先を変えてきたグレナディアガーズ、サリオス、ロータスランドが上位人気評価を受けた。どの馬が勝っても新王者誕生。適性など比較のつきにくい一戦だ。

おまけに前日土曜日、列島は春の嵐に見舞われ、中京競馬場も3R前から降雨、午後は荒天のなかレースが行われた。その影響を受け、当日の芝は重馬場。朝、JRAから発表されるクッション値は7.0と、滅多にお目にかかれない数値を叩き出し、かなり軟らかい馬場。朝からすっきり晴れ、北西風が強く吹いたため、馬場の乾きは進み、高松宮記念は内側の状態が非常にいいという設定で行われた。

瞬き厳禁のスプリント戦では、内側を通りたくても外枠から内に潜るスキがない。5着メイケイエールは内で揉まれたくない自身にとって好都合の外枠がかえってアダになってしまった。伸びない外目を最後、唯一伸びてきただけに、こうなると運としか言いようがない。何度も書くが、スプリントG1を勝つ力は十分ある。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。