【大阪杯】エフフォーリアが出走する中距離頂上決戦の歴史 重賞1勝の名馬・ショウナンマイティ(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

ドバイワールドカップデーは日本馬が出走した8レースのうち5レースで勝利。さらに2着3着も合計4頭いるなど、非常に充実した結果となった。パンサラッサの同着優勝、シャフリヤールのユビアー撃破、チュウワウィザードの2年連続好走、ステイフーリッシュのサウジ、ドバイ重賞連勝など日本のファンにとっては記録にも記憶にも残る1日になったのではないだろうか。

【大阪杯 2022予想】エフフォーリア現役最強の証明か、新星ジャックドールか 「55連敗中」の気になるデータとは?(SPAIA編)

さて、今週は大阪杯。G1昇格後6年目となる今年も、非常に魅力的なメンバーが集まった。昨年の年度代表馬エフフォーリア、そのエフフォーリアと同期ながら初対決となる逃げ馬ジャックドール、昨年の大阪杯でコントレイルらを撃破したレイパパレ、エリザベス女王杯でそのレイパパレを撃破したアカイイトなどが火花を散らす。

古くはスーパークリークやトウカイテイオー、メジロマックイーンが勝利。G1に昇格した2017年以降もキタサンブラックやスワーヴリチャード、ラッキーライラックといった名馬が勝利してきた一戦。今年の中距離戦線を占う上でも重要な一戦だ。今回は大阪杯の歴史を振り返る。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。