【巨人】原辰徳監督 鍬原は「あれだけの投球は非常に心強い」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人6―5阪神(1日・東京ドーム)

 巨人打線が阪神の先発・藤浪に3発を浴びせ今季初の「伝統の一戦」を制した。初回に頼れる主将・坂本が打線に火をつける15年連続アーチとなる今季1号。ポランコが2者連続弾で続き、2回には大城にも一発が生まれた。最終回に大勢(翁田大勢)がプロ初失点となる2ランを浴びたが、逃げ切り4連勝。「伝統の―」の起源となった1936年当時の復刻ユニホームを着用したゲームで阪神戦通算1100勝目(844敗74分け)を挙げ、広島と並んで首位に浮上した。

 ◆原監督に聞く

 ―丸が連日、満塁で貴重な適時打。

 「やっぱりあの打順は走者を置いている時が多いので、そういう意味ではいい役割をしてくれているね」

 ―大勢は失点したが、リードは守った。

 「いかにプロの打者の、どこかに尊敬というものもあった状態で次に進めるということは大事なことだよね」

 ―鍬原は完全投球で8回を封じた。球速も155キロが出た。

 「昨日一日休めることができたという部分で、きょうは一番大事な役割をね。あれだけの投球をしてくれたのは非常に心強いね」

コメントは受け付けていません。