【大阪杯】怪物の圧倒的勝利に期待! 京大競馬研の本命はエフフォーリア(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

4月3日(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1・芝2000m)。昨年は圧倒的人気を背負ったコントレイルがまさかの3着に沈む波乱の決着となった。今年は昨年のJRA年度代表馬エフフォーリア、目下5連勝中と勢い十分なジャックドール、昨年の大阪杯覇者レイパパレなど好メンバーが揃った。過去のレース傾向や展開面などから予想していきたい。

【大阪杯 2022予想】エフフォーリア現役最強の証明か、新星ジャックドールか 「55連敗中」の気になるデータとは?(SPAIA編)

まず、過去10年間の大阪杯における逃げ馬、その前半5F通過タイム、そして着順について調べた。逃げた馬の成績は【1-1-2-6】複勝率40%。5番人気以内だった馬に絞ると成績は【1-1-2-1】で馬券圏内にはよく来るが、頭で狙うには心許ない。

大阪杯は前半のペースが緩みやすいのが特徴。前半5Fが60秒を切ったのは2017年、2021年の2回のみで、マルターズアポジーとレイパパレが締まったペースで逃げを打った例外的なケース。それ以外の年では60秒台中盤から61秒台での通過が大半を占める。スローペースが多い理由としては積極的に逃げたい馬がいなかったことや、速いペースに持ち込むには力が足りない馬の逃げが多かったこと、登坂スタートでテンが速くなりにくいことなどが考えられる。このようなレースは最後の直線でのキレ勝負になりやすい。

コメントは受け付けていません。