【巨人】超異例の米キャンプやる!来日できない新外国人対象に球団スタッフが渡米し練習量きっちり管理(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

巨人が、新型コロナウイルスの水際対策によって原則2月末まで入国できない新規外国人選手を対象としたミニキャンプを米国内で行うことが20日、分かった。2月中旬から米アリゾナ州トゥーソンにアンドリース、ポランコ、ウォーカーの新助っ人陣を招集し、約2週間の合同トレを行う。日本からもスタッフを派遣し、練習量や強度をきっちり管理する方針で、コンディションアップにつなげる。昨季は同様の来日の遅れた助っ人陣の状態遅れが響いただけに、柔軟な発想から生まれた秘策で対応する。

 リーグ制覇、そして日本一奪回へ向けた原巨人の“秘策”が判明した。このオフ、チームはアンドリース(前マリナーズ)、ポランコ(前ブルージェイズ)、ウォーカー(米独立リーグ)とこれまで3人の新外国人を補強した。だが、新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株が猛威を振るう中、政府は水際対策強化として現状2月末までの新規外国人の入国を停止している。そこで編み出されたのが、来日がかなわない新助っ人陣を米国内1か所に集め、コンディションアップのためのミニキャンプを行う超異例のプランだ。

 通常、メジャーのキャンプイン時期となる2月14日に、球団が契約するアリゾナ州トゥーソンにあるスポーツ施設に新助っ人陣を招集。15日から27日まで、合同トレーニングを行う予定となっている。ミニキャンプ実現には、トゥーソン出身で、現在は球団OBスカウトを務めるジョージ・アリアス氏の協力が大きいという。当地でベースボール&ソフトボールアカデミーを開校した同氏によって、打撃投手やブルペン捕手などのパートナーも確保。当然、日本からも球団スタッフを複数人派遣する予定で、練習量や強度を管理しつつ、それぞれの状態を着実に上げていく。

 昨季、巨人はスモーク、テームズが同様のコロナ禍で入国がシーズン開幕後の3月29日と遅れた。キャンプを送れない中で個々で調整を続けたが、コンディション不足は明らかだった。特にテームズはベストより10キロ増での来日となるなど万全の状態とはほど遠く、隔離と2軍調整を経て1軍デビューとなった4月27日のヤクルト戦(神宮)で右アキレスけん断裂の重傷を負い、すぐに帰国。選手、球団双方に悲しい出来事となった。そのようなリスクを最小限にするためには、しっかりとした“キャンプ”を送る必要があると球団全体で認識を強め、このプランが練られたもようだ。

 頭脳の面でも、順応が進められる。すでに各選手には日本人投手、打者の映像を渡しているという。派遣スタッフや日本球界でのプレー経験豊富なアリアス氏によって、より詳細な特徴、傾向、野球とベースボールの違いを学ぶ時間も設ける予定だ。

 ウィーラー、ビエイラら既存の助っ人陣は続々来日し、キャンプインには間に合う見込み。3月以降の水際対策は現時点で不透明とはいえ、チーム浮沈の鍵を握る新助っ人陣にも、少しでもいい状態で来日してもらいたい―。その一心で生まれた画期的なアイデア。これも巨人の底力だ。

 ◆ジョージ・アリアス(George Arias)1972年3月12日、米国生まれ。49歳。エンゼルスなどを経て、2000年にオリックス入団。02年から04年まで阪神に在籍。06年に巨人でプレー。NPB通算6年間で打率2割5分9厘、161本塁打、436打点。右投右打。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。