【ラグビー】横河武蔵野アトラスターズ・田牧一幸氏に聞く、「S&Cコーチとは」(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

オリンピックの世界で一流アスリートに専属コーチやトレーナーが寄り添う姿は、もはや見慣れた光景だ。
 ラグビー界においても、そういったスペシャリストたちの存在と活躍に注目が集まるようになってきた。

 田牧一幸氏(株式会社アトゼ・ライフケア)は、横河武蔵野アトラスターズでストレングス&コンディショニングコーチを務めている。山崎豪ゼネラルマネージャーをはじめ、選手、スタッフから絶大な信頼を得て、選手育成の鍵を握っている。

 出身は秋田県大仙市。県立大曲農業高校在学中、両親の勧めで始めた自転車競技でインターハイに出場した。
 卒業後にアスレティックトレーナーになることを目指して上京し、スポーツ・エデュケーション・アカデミー(東京・高田馬場)に進学した。
「アスレティックトレーナー」とはスポーツトレーナーの一種で、選手の健康管理や怪我の予防、リハビリなど、メディカル面でも専門性の高いケアをおこなう、いわば医療とスポーツをつなぐパイプ役のような存在だ。

 保有資格は、NASM PESとWFA Football Periodisation Expert。トレーナー会社に就職し、サッカー界、ラグビー界で経験を積み独立。2014年から横河武蔵野のS&Cコーチを務め、現在に至る。
「ストレングス&コンディショニングは直訳すると『強化と整える』っていう意味で、体調面を含め、選手の体に関わること全てに携わる仕事。ラグビーという競技の身体的要求に合わせてチーム全体のトレーニングと怪我人のコンディションを上げるためのリハビリを、メニューを考えるところからやっています」

 メディカルスタッフやヘッドコーチとも連携し、選手が高いパフォーマンスを発揮できるよう、整った状態に作り上げることも仕事の一つ。
「1年目の選手たちは一番大変だと思います。今までは学業が本分とはいえ、ラグビーだけをしていればよかったのに、仕事で責任を負わされるので、やっぱりコンディションはガクッと落ちますね。
 うちのチームの特徴ですけど、平日は本当に忙しいみたいで練習に来られないこともあるので、せめて土曜日だけでもちゃんと動いてないと試合で体が動かない。そういう面でも彼らにはケアが必要」

 横河武蔵野のウエイトトレーニングは、月・火・水・木曜日。新型コロナ感染対策のため、クラブハウスにあるジムのほか、別々の場所で人数を分散しておこなっている。
 選手たちは週4日間、鍛える場所を変えながら、田牧さんからメールで指示されたメニューを各自でこなす。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。