【Jr.ウインターカップ2021-22】女子決勝は四日市メリノール学院中×京都精華学園中。前回大会と同カードに[バスケ](月刊バスケットボール)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:月刊バスケットボール

1月7日、「Jr.ウインターカップ2021-22(2021年度 第2回全国U15バスケットボール選手権大会)」大会4日目女子準決勝が行われ、四日市メリノール学院中学校(三重県)と京都精華学園中学校(京都府)の決勝進出が決定した。

【写真】四日市メリノール学院中、京都精華学園中(写真16点)をチェック

第1試合で行われたのが、前回女王の四日市メリノール学院中と前回ベスト4J,sphere(愛知県)の一戦。1Q開始から四日市メリノール学院中がエース#8深津唯生を中心に得点すると、好ディフェンスでJ,sphereからターンオーバーを引き出して点差を付けると、そのリードを守って71-36で勝利し、2年連続となる決勝進出を果たしている。

続いて行われたEarnest(宮城県)対京都精華学園中は、試合開始から191cmの#18ユサフボランレアイシャットが活躍。Earnestも好ディフェスからの速い攻めで見せ場を作ったが、追いつくことはできず。京都精華学園中が73-47で勝利して、こちらも2年連続となる決勝進出を決めた。

昨年の決勝は、オーバータイムまでもつれた結果、四日市メリノール学院中が60-56と4点差で京都精華学園中を下して優勝を果たしている。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。