【日経新春杯】春G1へ負けられないステラヴェローチェ 参考レース分析からの注目馬は?(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

京都競馬場の改修工事の影響で、昨年同様に中京芝2200mを舞台に行われる日経新春杯。1回1~4日目はAコース替わりでラチ沿い有利のトラックバイアスが続いたが、2週目の今週はそろそろそのアドバンテージも失われるだろう。中京芝中距離戦らしいスタミナが求められる競馬となりそうだ。

【日経新春杯 2022予想】ステラヴェローチェも斤量に要注意! 合言葉は「若くて軽ハンデ」(SPAIA編)

【日本ダービー】
例年とは異なる馬場状態が続き、Cコースに替わった当週も内有利にはならず。むしろ、一日通して外目が伸びており、長い直線を活かした外差が決まりやすいトラックバイアスであった。レースはバスラットレオンがハナを切り、タイトルホルダーが2番手。前半1000m60.3、1000~1400m25.2とペースは緩く、後半1000mは57.0秒という高い終盤力が求められる展開となった。

3着馬ステラヴェローチェは後方待機から大外を回ってゴール直前で3着に。Height of Fashion≒Burghclereの3×4由来の底力が最大の持ち味であることは間違いないが、水準以上の瞬発力も兼備。成長力のある血統でもあり、秋は神戸新聞杯1着→菊花賞4着→有馬記念4着と健闘。大幅に相手関係が楽になる今回はハンデを見込まれても落とせない一戦だろう。

7着馬ヨーホーレイクは中団馬群で折り合いをつけて末脚に懸ける形。直線では進路取りに苦労して右往左往。進路を確保したのは残り200m手前のことで、ややスムーズさを欠く結果となった。ただ、ラスト200mでもステラヴェローチェの方が勢いがあっただけに、同馬との比較では分が悪いか。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

                  ザ・シークレット・ホース

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。