【ラグビー】元ジャパンと押し合い15年ぶり全国4強。京産大の平野叶翔主将は国立で笑いたい。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

笑顔のスナイパーでありスクラメイジャーは、大晦日の練習を終えると笑顔になった。

 平野叶翔。京産大ラグビー部の主将である。クラブは15季ぶりの全国4強入りを果たし、雪に降られながら2日後の決戦へ調整する。

 新年2日に大学選手権準決勝を控える。東京・国立競技場で、帝京大とぶつかる。

「試合に向けて準備できる。幸せです。その瞬間、瞬間を楽しんで、皆でラグビーをしている感じです」

 問答の合間に顔をほころばせる。試合中のレフリーと対話をする際や、仲間内での円陣においても同様だ。常に朗らかな印象を与えるが、いざ試合が動けば鋭さを示す。

 際立つのは、接点の球へ絡むジャッカル。勝負どころで攻守逆転を決めたり、反則を奪ったり。

 23シーズンぶりに制した関西大学Aリーグでそんなシーンを多く作り、26日、日大を27-26と下した選手権準々決勝でも24-26と2点差を追う後半24分以降に2度、その一手でペナルティキックをもぎ取っている。

 ボール保持者と援護役の隙間を、見逃さない。

「ジャッカルができるか、できないかの判断はプレーしながら常にしています。ゲームの流れ、球の出てくるスピードから、その判断を瞬時にできるようになってきている。チャンスどころ、重要なところで(ジャッカルが)できていることで、チームを優位な状況に進められているのかなと思います」

 特筆すべきは、地上戦で光るこの人の位置が右PRであることだ。右PRはスクラムの1列目にあって、ひときわ負荷がかかる。味方と相手の重さに耐えながら、攻防が動いてからも見せ場を作るのだ。

 セットプレーを重視する京産大は、右PRをエリートポジションと見立てる。

 OBの田倉政憲FWコーチのもと、「アンダーオーバー」という他チームではあまり見られない形のスクラムを採用。最前列中央のHOの腕が、右PRの腕の下を通る。右PRが前にせり出す形となり、「そこが強み。逆に、そこを狙われたら(右PRが押し負けたら)どうしようもなくなる。しっかり意識してやりたい」と平野は言う。

「OBの(右PRの)皆さんもその重圧とプレッシャーに耐えてやってきたからこそ、いまの文化がある。しっかり継承していきたいです」

(文:向 風見也)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。