【ラグビー】シャイニングアークスがフォラウも躍動し開幕戦勝利 コベルコ神戸スティーラーズとの接戦制す(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

1月8日、「NTTジャパンラグビー リーグワン2022」が開幕し、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場でおこなわれたオープニングゲームでは、NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安がコベルコ神戸スティーラーズに24-23で競り勝った。

 開幕戦から白熱したゲームとなった。
 新リーグで記念すべき最初の得点者となったのは、コベルコ神戸スティーラーズのCTBリチャード・バックマンだった。前半3分、HO有田隆平の突破から、サポートしたLOのJD・シカリングがゲインして敵陣深くに入り、たたみかけ、13番のバックマンが中央を破りトライを決めた。

 一方のシャイニングアークス東京ベイ浦安は、約2年9か月ぶりに15人制に復帰した注目の元オーストラリア代表FBイズラエル・フォラウが躍動する。12分には、同じく新加入し6番をつけた日本代表のジェームス・ムーアがブレイクスルーでチャンスメイクし、パスをもらったフォラウがディフェンダーをかわしフィニッシュした。

 フォラウはのちに得意のハイボールキャッチでも魅せる。

 そして、15分にシャイニングアークス東京ベイ浦安が2対1の状況を作りチャンスとなったところ、コベルコ神戸スティーラーズのWTBアタアタ・モエアキオラが故意のノックオンをしたとして、レフリーはイエローカードを提示し、ペナルティトライを宣告した。

 それでも、7点ビハインドとなったコベルコ神戸スティーラーズは39分、すばやくボールを回して、左サイドをNO8ブロディ・マクカランが駆け上がり、5点を獲得。2点差に詰めて折り返した。

 そして50分(後半10分)、コベルコ神戸スティーラーズはSOアーロン・クルーデンがペナルティゴール(PG)を決め、逆転する。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。