【ラグビー】合計100点超の乱戦制したのは東京サンゴリアス 開幕節で東芝ブレイブルーパス東京を下す(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

味の素スタジアムで1月8日、東京都府中市を拠点とする2チームが「NTTジャパンラグビー リーグワン2022」の開幕節で激突し、両チーム合わせて100点を超える点の取り合いを制したのは、東京サントリーサンゴリアスだった。60-46で東芝ブレイブルーパス東京を下した。

 東京サンゴリアスに新加入した注目のニュージーランド代表FBダミアン・マッケンジーは、開始早々、得意のランではなく、ブレイクダウンでファイトしチームを活気づけた。

 すると前半3分、東京サンゴリアスはキャプテンのCTB中村亮土が抜けて、WTB尾崎晟也の先制トライにつながる。

 対する東芝ブレイブルーパス東京は8分、FLリーチ マイケルの力強いボールキャリーなどでゴールに近づくと、昨年秋に19歳で日本代表初キャップを獲得したLOワーナー・ディアンズも突進してゴールライン上に押さえ、ブレイブルーパスの一員としてのデビュー戦トライを記録した。

 その後、東芝ブレイブルーパス東京のLOジェイコブ・ピアスがフットスキルを披露してトライを挙げれば、東京サンゴリアスはNO8ショーン・マクマーンがタックラーを弾き飛ばす力強い走りでファイブポインターとなる。

 赤いジャージーの14番をつけた日本代表のジョネ・ナイカブラが相手のミスでこぼれた球を拾ってインゴールに持ち込めば、黒とゴールドイエローが光る15番のマッケンジーは鋭い目でゴールポストに照準を合わせ、ショットで加点した。

 24-27で折り返した東京サンゴリアスだが、後半早々に攻め込み、NO8マクマーンが力強いレッグドライブでトライを決め、逆転する。

 49分(後半9分)にはラインアウトからモールで前進し、マクマーンが腕を伸ばしてハットトリック達成。

 その後、東京サンゴリアスは2点差に詰められたものの、マッケンジーがペナルティゴールでリードを広げると、63分には自陣深くからのカウンターでWTBテビタ・リーがビッグゲインして敵陣深くに入り、サポートもついてたたみかけ、SH齋藤直人がフィニッシュ。

 67分と69分にもトライを重ねた東京サンゴリアスに対し、東芝ブレイブルーパス東京は74分にゴールデンボーイのLOディアンズが自身2つ目のトライを決め、80分にはドライビングモールで得点したが、ダービーマッチを制したのは東京サンゴリアスだった。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。