桐谷健太“大好き”な沖縄で全編撮影の主演映画「本当に幸せなこと」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

俳優の桐谷健太が13日、川崎市内で主演映画「ミラクルシティコザ」(来月4日公開、平一紘監督)の完成披露<爆音>試写会&舞台あいさつに平監督、6人組ハードロックバンド・紫と出席した。

 沖縄のコザを舞台に70年代と現代が交差するロックンロール・タイムスリップ・エンターテイメント。

 70年代に魂がタイムスリップしてしまう主人公・翔太を演じた桐谷は「ずっと沖縄が大好き。こういう沖縄映画を主演でやれるのは本当に幸せなこと」と笑顔。本作オファーについて「神奈川に母親と旅行で海辺に行っていた時に(本作の)オファーがあった。オール沖縄ロケと聞いて、海をみながら『あぁいい感じやなぁ』と、ピンときましたね」と振り返った。

 平監督は、桐谷に主演をオファーした理由を「コメディー映画を撮ると決めていて、面白い人にお願いしたいというのがあって。僕がこれまで一番笑ったのが、邦画『僕の彼女はサイボーグ』の桐谷さんのシーンで、腹がよじれるほど笑った」と告白。念願の桐谷との撮影を「夢のような時間でした」と振り返り、「俳優さんとしてすごく魅力的だった」と絶賛した。

 桐谷は、本作について「今年、沖縄は本土復帰50周年。こういう時期に映画を公開できることはすごく意義のあることだと思います。内容はコメディー映画なので、笑って泣いてみてもらえたらうれしいです」とアピールした。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。