なでしこ主将DF熊谷紗希 、アジア杯最大の目的は「W杯出場権」…20日開幕の23年W杯予選兼アジア杯へ(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

2023年オーストラリアW杯予選を兼ねたアジア杯(20日開幕・インド)に向けて千葉市内で合宿中のなでしこジャパンは13日、2部練習を行い、対人の練習やミニゲームなどで汗を流した。池田太監督体制でも主将を務めるDF熊谷紗希がオンライン取材に応じ、大会への意気込みを語った。

 国内合宿でも積極的に声を出し、プレーでもチームを引っ張る熊谷。「チームとしていい準備ができている」と雰囲気の良さにうなずき、「ここから大会に入るので、チームとしてやらないといけないこともだけど、個々のコンディションについても大会を通して6試合戦える体を作っていかないと」と表情を引き締める。日本はアジア杯2連覇中。3連覇もかかるが、何より「W杯の出場権(5位以内)を取ることが一番の大きな目的」と力を込め、「その中で一つの大会として3連覇に向けてもやっていきたい」とまずは最大のミッションを達成することへ集中した。

 アジア勢との対戦は19年のE―1選手権以来となる。1次リーグでは、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング18位の韓国と、同32位のミャンマーと同組。同13位の日本にとって格下の相手となるが、油断はできない。「本当に久しぶりのアジアの大会で、正直どこのチームも情報をもっていない。これからのスカウティングで情報を入れることになる」と本番のピッチで柔軟に対応していく力も求められることになるはずだ。

 15日までの国内合宿では、男子大学生との合同練習も予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で中止となった。実戦の機会は失われたが、「仕方ないことだし、チーム内でも実戦形式の練習はできるので、そういった中でやっていくしかない。いい意味でぶつかり合いは練習からどんどんやっていかないといけない」と細部までこだわり、初戦(21日・ミャンマー戦)に向けてチーム力を高めていく。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。