【Jr.ウインターカップ2021-22/注目選手】男子/平良宗龍(琉球U15)、保坂斡希(メリノール中)、女子/深津唯生(メリノール中)、伊東友莉香(折尾中)[バスケ](月刊バスケットボール)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:月刊バスケットボール

平良 宗龍 たいら・しゅうたつ
琉球ゴールデンキングス U15/183cm/3年
「走攻守で圧倒的なパフォーマンス『将来の目標はNBA!』」
泉川寛太コーチが、「バスケットボールのスキルも一流のものを持っていますが、彼のエナジーやマインドがチーム全体にしっかりと伝わる、それが彼のすごさであり、試合を通じてチーム全体が良くなってゆく要因だと思います」と称賛する平良宗龍。カテゴリーの枠を越えて、“また見たい”と思わせるプレーは走攻守どれをとっても圧倒的で、日本の男子バスケ界にとってはまさに金の卵と言える。「持ち味は、中のドライブと、そこからのジャンプシュート」と自認する平良。「将来の目標はNBA選手になること」と大きな夢を描く。

【Jr.ウインターカップ2021-22】男子トーナメント表

保坂 斡希 ほさか・あつき
四日市メリノール学院中/183cm/3年
「『全部できる選手になりたい!』向上心旺盛な仲間を盛り上げるエース」
8月の群馬全中、決勝トーナメント1回戦で強豪の布水(石川)と対戦した初出場の四日市メリノール学院は、厳しい展開の中でもチームの雰囲気は常に明るく、点を取ることに貪欲な姿勢を見せて見事に最後まで戦い切った。中でも、欲しい場面で決まる3Pシュートなどで仲間を大いに盛り上げたのが保坂斡希だ。「リバウンドからディフェンス、シュートまで、全部できる選手になりたい」と意欲いっぱいの、チームのエースだ。

深津 唯生 ふかつ・ゆいな
四日市メリノール学院中学校/178cm/3年
「優勝候補筆頭のチームを率いる頼もしいセンター」
昨年、初代女王となったときも2年生ながらスタメンを務めていた深津。当時は176cmの体格を生かしリバウンドやルーズボールで力を発揮。「3年生に最高のプレゼントができました」と喜びを語っていた。そして自分が3年生となって迎えた今年度。身長も2cm伸びて178cmとなり、力強いドライブやリバウンドシュートなど、その身体能力の高さを生かしたダイナミックなプレーはますます頼もしいものに。夏に行われた全中では、決勝戦でチームハイの20得点、11リバウンドを記録。大黒柱として成長した姿を見せた。2連覇を目指す今大会。総合力を考えると四日市メリノール学院は優勝候補筆頭だが、3回戦と準々決勝が同日に行われるという厳しい日程なだけに、勝ち上がっていくには深津が躍動してチームに勢いを付けることが必要となるだろう。

伊東 友莉香 いとう・ゆりか
北九州市立折尾中学校/175cm/3年
「大黒柱&キャプテンとして力強くチームをけん引」
力強いドライブやポストプレーでチームに勢いをもたらすだけでなく、キャプテンとしての明るい声かけでもチームをけん引する伊東。リバウンドも強く、チームメイトで180cmの三間萌とともにインサイドを支配し、夏の全中では準優勝という好成績を残した(決勝戦で伊東は23得点、5リバウンド。三間は28得点、8リバウンド)。しかし伊東の目標は、「折尾中に入学したときから全国制覇を目標に頑張ってきました」と、あくまで頂点に立つこと。全中では3Q終了時点ではリードしていたが、4Q終盤でパスミスやターンオーバーというイージーミスで逆転負けを喫してしまった。その悔しさをバネに臨む今度のJr.ウインターカップでは、さらに気持ちのこもったプレーを見せてくれるはずだ。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。