【ウインターカップ2021】帝京長岡が決勝進出、福岡第一との終盤の攻防に競り勝つ[バスケ](月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バスケットボール

12月28日、「SoftBank ウインターカップ2021(令和3年度 第74回全国高等学校選手権大会)」大会6日目男子準決勝、福岡第一(福岡県[1])が帝京長岡(新潟県[1])と対戦。後半逆転した帝京長岡が、ギリギリの攻防となった4Qを守りきり、67-61で勝利。初の決勝進出を決めた。

【写真】福岡第一×帝京長岡写真ギャラリー(写真20点)をチェック

福岡第一は、#40ヌンビ・マトゥンガ・マイク、#24星賀舞也が序盤から活躍。#88佐藤涼成の3Pシュートも決まり、残り5分50秒で13-4とリードを作る。一方、帝京長岡は、#14コネ・ボウゴウジィ・デット・ハマード、#5古川晟、#8箕輪武蔵が得点。エース#7島倉欧佑の3Pシュートも決めるが、残り2分51秒で11-18となかなか点差が縮まらない。それでも残り43秒、トップから#8箕輪が3Pシュートを決めて、帝京長岡は14-20と6点差に迫って1Qを終える。

2Q、帝京長岡は立ち上がり、#5古川、#14ハマードの得点で19-20と迫る。しかし、福岡第一は、#8轟琉維のフィールドゴール、#52小田健太の3Pシュートですぐに25-19と突き放す。

その後、帝京長岡のディフェンスが奏功してくると、残り3分25秒に#11大月舜が得点して26-30と迫る。しかし、福岡第一はすぐに#8轟が連続得点を奪って34-26と差を縮めさせない。その後、#11大月がポイントを奪い、34-28、福岡第一リードで前半を終える。

昨日の準々決勝では3Q、小林(宮崎県)に対して、前からプレッシャーをかけて一気にリードを作った帝京長岡。今日の試合でも3Qに流れを掴む。
#14ハマード、#7島倉の得点で残り7分38秒で33-34と1点差とすると、残り5分26秒、#7島倉の3Pシュートで38-38と同点に。勢いのままに、#14ハマード、#7島倉が追加点を奪って残り4分6秒、42-38と逆転に成功する。

ここでタイムアウトを取った福岡第一だが、シュートが入らない。帝京長岡は#8箕輪、キャプテン#4田中空のシュートで46-38とリードを広げる。
残り1分42秒、福岡第一は#8轟が約4分ぶりに得点。するとガードコンビを組む#88佐藤も終了間際に得点し、42-48と6点ビハインドで最終4Qへ。

そして4Qはスタートから取り合う展開に。数ゴール差を追う福岡第一は#52小田が3Pシュートを決め、#24星賀が続くと残り4分58秒で53-55と1ゴール差まで迫る。

負けられない両チームは、共に厳しいディフェンスで連続得点を許さない。果敢にアタックする福岡第一をガードする帝京長岡は、残り3分の時点で#14ハマード、#7島倉が4ファウルという状態に。すると福岡第一はボールを持った#7島倉に激しいディフェンスを展開。ターンオーバーを引き出して残り2分42秒、キャプテン#10早田流星が速攻から得点を決めて、58-59と1点差に。

プレッシャーがかかる局面、帝京長岡は#14ハマードがゴール下で得点。61-58とするが、残り1分58秒、#88佐藤の3Pシュートで61-61と同点に。残り1分18秒、#14ハマードはフリースローを1本決めて62-61に。残り54秒、福岡第一は#88佐藤が3Pシュートを放つがミス。直後、帝京長岡#14ハマードはファウルをもらって、フリースローを1本決定。63-61と2点差を付ける。

残り40.5秒、タイムアウト明け、福岡第一は、#88佐藤がピックを使ってドライブを仕掛けるが、ボールはリムを弾き、#14ハマードがディフェンス・リバウンドを披露。すると残り13秒、その#14ハマードがボースハンド・ダンク! 65-61とすると、さらにターンオーバーを引き出して#4田中がブザービーター。67-61で勝利した帝京長岡が決勝進出を決めた。

帝京長岡は#14ハメードが24得点(27リバウンド、4ブロック、3アシスト)でチームトップ。#7島倉、#5古川が共に12得点を記録。福岡第一は#88佐藤が19得点(11リバウンド)でチームトップ、#8轟が14得点(8アシスト)、#40マイクが10得点(12リバウンド)を記録している。

試合後、「(最後)いい感じで逆転して終われるかなという感じもあったんですけどね。やはり、帝京さんの粘り強いディフェンス、しぶといシュート、あと島倉君のリバウンドだとか、ああいうところがね。ウチには足りないところだったんだなと思いました」と敗因を語った福岡第一の井手口孝コーチ。
感染症対策もあって、夏からずっと試合に出る選手と応援に回る選手を、体育館を分けて練習させるなど苦慮してきたという。だからこそ「去年以上に(練習が)できてなかった。昨日も話をしましたけど、(今は)春休みのカップ戦くらいの感じです。もう何ヶ月か一緒にできたら、もう少しいいチームができたと思うんですけど、あまりにも時間がなかったですね。そういう中でも、全国大会3位ですから。不本意でしょうけど、彼らを褒めてあげたいなと思います」と選手たちの頑張りをねぎらった。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。