【AI予想回顧】有馬記念は3連単◎△◯で的中 2021年中央競馬ラストウィークの予想結果を振り返る(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

2021年、JRAの競馬開催は無事終了。今回は12月25日(土)に行われた阪神C(G2・芝1400m)、26日(日)に行われた有馬記念(G1・芝2500m)、そして28日(火)に行われたホープフルS(G1・芝2000m)の3レースの予想結果を振り返る。

今年のグランプリ・有馬記念でAIが本命に推奨したのはエフフォーリア。過去10年で最多タイの4勝をあげ、勝率18.6%、複勝率36.4%と抜けた成績を残していた3歳馬。その中でもナンバーワンの実績と能力を素直に信頼した予想だった。

迷うことなくハナを切り、後続を引き離してレースの主導権を握ったのはパンサラッサ。離れた2番手にタイトルホルダーという隊列である程度ペースは流れていた。

エフフォーリアは前にクロノジェネシスを見る形でじっくりと中団を追走する。向正面に入り、馬群は縦長となったが、全く慌てるそぶりも見せずじっと我慢。

4角でパンサラッサのリードがなくなり、馬群が凝縮するのとともにエフフォーリアも外から徐々に進出を開始する。直線ではうまく内から伸びてきたディープボンドに迫られたが、3/4馬身差をつけて勝利。グランプリホースに相応しい走りだったと言っていいだろう。

2着にはディープボンド、そこから半馬身差の3着には引退レースだったクロノジェネシスが入るという決着。予想は◎△◯で3連単7,180円が的中した。

騎乗していた横山武史騎手は前日に油断騎乗があり、騎乗停止処分を受けたことでいつものガッツポーズを封印。有馬記念勝利の嬉しさも語りつつ、謝罪の言葉もあったレース後のインタビューだった。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。