ルメール騎手が199勝で5年連続リーディング! 横山武史騎手はG1・5勝、年間100勝達成【2021年騎手リーディング】(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

12月28日(火)の開催をもって2021年のJRA開催は終了。各種リーディングも決着の時を迎えた。騎手リーディングの結果と12月に達成された記録を振り返っていく。

199勝で5年連続の騎手リーディングに輝いたのはルメール騎手。12月の日別の成績は2→0→4→1→2→0→2→1→3で、15勝。惜しくも2年連続の200勝には届かなかったが、それでもG1・5勝を含む重賞17勝の素晴らしい活躍を見せた。

2位は川田将雅騎手。12月は香港遠征があり、1週目と最終日のみの騎乗で2勝のみ。特に後半2カ月は帰国後の隔離で騎乗できない期間が長かったため、過去2年よりは少ない136勝止まりだったが、勝率28.5%はキャリアハイの成績だった。

3位争いは11月末の時点から順位変動があり、松山弘平騎手がランクアップ。12月はチャンピオンズCをテーオーケインズで制するなど、12勝を積み重ね、年間勝利数は130勝。4月には香港遠征も経験し、帰国後の隔離期間もあった中で昨年の127勝を上回り、さらなる飛躍の年とした。

ラスト1カ月で差され、4位となった福永祐一騎手。香港スプリントでは4角で発生したアクシデントに巻き込まれる形となってしまい、左鎖骨を骨折。休養を余儀なくされ、隔離期間が明けた最終日にも騎乗することは叶わず。年間勝利数は123勝止まりだった。それでも日本ダービーをはじめ、G1・4勝。総賞金33億4,880万7,000円はルメール騎手に次いで2位。大舞台での活躍が光った1年だった。

5位は横山武史騎手。12月は11勝を上積みし、年間勝利数は104勝。昨年の94勝を上回るとともに、キャリア初の年間100勝を達成した。また4月には皐月賞でG1初勝利、秋には菊花賞、天皇賞(秋)、有馬記念、そして最終日にはホープフルSも制し、G1・5勝の大活躍。

そのホープフルSの勝利でJRA通算300勝にリーチをかけると、続く12Rの立志Sではノルカソルカに騎乗して勝利。すぐさま記録達成を達成し、勢いは最後まで留まるところを知らなかった。2022年はどこまで大きく羽ばたくのか、日本競馬界にとって宝とも言える若武者の活躍から目が離せない。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。