【中山金杯】内有利の傾向ならトーセンスーリヤが有力 穴馬はアトミックフォース(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

2021年はウインイクシードが11番人気で3着、2020年はテリトーリアルが11番人気で3着、2019年はタニノフランケルが9番人気で3着…。これらの共通項は、内々を立ち回った馬であるということ。中山芝コースは前年12月の開催はAコース、年明けからCコースに変わるため、中山金杯は内々を立ち回れる馬が有利な傾向がある。

また、Cコースに変わることで馬場が高速化するため、ペースが上がらず逃げ、先行馬の押し切りが決まることもしばしば。ウインイクシードは2番手、テリトーリアルは最内枠を利して先団のやや後ろからラチ沿いぴったりの競馬、タニノフランケルは逃げである。

過去10年で2017年の一度だけ、ツクバアズマオーが追い込み勝ちを決めているが、この年だけ逃げ馬が向正面でペースを引き上げ、レースの後半最速がラスト4F目(11秒5)というタフな流れになったもの。 今回の中山金杯でロザムールがそういう逃げを打った場合は、一転して差し有利の流れになる可能性はあるが、2017年に6番人気で2着と好走したクラリティスカイも2番枠を利してラチ沿いぴったりの好位でレースを進めた馬だった。どう転んでも内枠有利は変わらない傾向なので、それを踏まえて予想を組み立てたい。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。