【中山金杯】57.5キロのトップハンデはむしろ好材料! 東大HCの本命はトーセンスーリヤ(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

1月5日(水)に中山競馬場で行われる中山金杯(G3・芝2000m)。2022年中央競馬の開幕を告げる名物ハンデ重賞に17頭が顔を揃えた。チャレンジC2着のヒートオンビートや重賞戦線で活躍中のトーセンスーリヤが出走を予定している。波乱の気配漂う一戦を制するのは果たしてどの馬か。また、馬券で狙うべき穴馬はいるのか。今週もデータを踏まえて検討していこう。

【中山金杯、京都金杯 2022最終予想】ヒートオンビート、トーセンスーリヤら出走予定 軽ハンデを生かす大穴注意!(SPAIA編)

はじめに、過去10年の傾向を分析する。

脚質別では先行、差し馬の成績が優秀。特に先行馬は勝率、連対率、複勝率ともにトップで、連対率3割超え。10レース中6レースで4角5番手以内の馬のワンツーとなっていることからも、前有利の傾向があるといえる。対照的に4角10番手以下は【0-0-2-59】とこちらはかなりの不振。

同じ中山内回りを使用するという意味では有馬記念を参考にするとよい。昨年の有馬記念を振り返ると、優勝馬エフフォーリアは道中から押し上げ、4角では5番手に位置していた。2着馬ディープボンドも同様に4角5番手。一方逃げ馬や極端な後方待機組は出る幕がなかった。最後の直線が短い分、4角で好位に付けることが必須となる。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。