【シンザン記念予想まとめ】ラスール本命が2人 デルマグレムリン、レッドベルアームにも期待かかる(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

1月9日(日)に中京競馬場で行われるのはシンザン記念(G3・芝1600m)。新馬戦を鮮やかに勝利してきた藤沢和雄厩舎のラスール、同舞台のこうやまき賞を勝って挑むソリタリオなど楽しみなメンバーが集結した一戦、SPAIA予想陣の見解はどうなったのか見ていこう。

【シンザン記念 2022最終予想】「新グランアレグリア」ラスールに待った! 東スポ杯5着レッドベルアームが逆襲だ!(SPAIA編)

2人が本命で一致したのはラスール。AI予想エンジンKAIBAが推すように好成績を残している牝馬というデータ面に加え、馬場適性予想の三木俊幸氏は新馬戦で見せたレースセンスと進路が開いてからの瞬発力を高く評価している。

京都大学競馬研究会はデルマグレムリンが本命。前走は13番人気という人気薄ながら、後方から豪快に差し切って初勝利をあげている。今回もあまり人気はないが、フロックではなく末脚は重賞でも通用するものがあると見ており、中京競馬場で好成績を残している武豊騎手とのコンビで一発を狙うとのこと。

編集部競馬班はレッドベルアームが本命。前走の東京スポーツ杯2歳Sでは勝ち馬から1秒離された5着だったが、レースの後半1000m57.6秒はコントレイルが勝利した19年(57.4秒)に次ぐ数字で、レースレベルはS級。新馬戦で負かしたキラーアビリティが後にG1・ホープフルSを制していることからも、ここでどのようなレースを見せるのか注目したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎ラスール
◯ソリタリオ
▲ビーアストニッシド
△モズゴールドバレル
×レッドベルアーム

京都大学競馬研究会
◎デルマグレムリン
◯ソリタリオ
▲レッドベルアーム
△ビーアストニッシド
×カワキタレブリー
×ラスール

三木俊幸(馬場適性)
◎ラスール
◯カワキタレブリー
▲ビーアストニッシド
△ソリタリオ
×デルマグレムリン

編集部競馬班
◎レッドベルアーム
◯ウナギノボリ
▲ショウナンアメリア
△ラスール
×ソリタリオ

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。