【フェアリーS】差し馬が過去10年で6勝! 東大HCの本命はエリカヴィータ(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

1月10日(月)に中山競馬場で行われるフェアリーS(G3・芝1600m)。クラシック戦線に向けて飛躍を誓う3歳牝馬16頭が中山マイルに集結した。12年から6年連続で2桁人気馬が連対するなど波乱が繰り返されてきたレースで、今年も混戦模様が見込まれる。

【シンザン記念 2022最終予想】「新グランアレグリア」ラスールに待った! 東スポ杯5着レッドベルアームが逆襲だ!(SPAIA編)

新馬戦を衝撃の末脚で制したエリカヴィータや、横山武史騎手が鞍上を務めるスクルトゥーラなどが人気を集めているが、狙うべきは果たしてどの馬なのか。今週もデータを踏まえて検討していこう。

はじめに、過去10年の脚質傾向を分析する。

差し馬は1着6回をはじめ頻繁に馬券に絡み、安定した成績を収めている。一方、馬券的な面白さという点で目を向けるべきなのは逃げ馬。過去10年で4勝を挙げているが、このうち2頭は2桁人気で、単勝回収率は驚異の1111%。妙味は頭抜けている。

しかしいくら逃げ切りがあるからといって前有利と結論づけるのは早計だ。先行馬は意外にも不振であることには注意が必要。人気を背負って先行した馬もいるが、昨年のテンハッピーローズや17年のアエロリットなどがいずれも敗れている。以上のことから、買い目を選ぶ際には差し馬中心とし、穴で逃げ馬を織り交ぜるのがよいだろう。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。