【ラグビー】トップイースト、新リーグ体制初の入替戦は地域チーム同士が激突、大勝で秋田が昇格を決める。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

2021年12月19日、トップイーストリーグのA、Bグループ入替戦がおこなわれた。
 Bグループ1位・秋田ノーザンブレッツ、Aグループ5位・クリーンファイターズ山梨の対戦は、偶然にもチーム名に企業名を冠さず地域密着を目指すチーム同士の対戦となった。

 トップイーストリーグは2019年シーズン末、それまでのディビジョン1、2の2グループ制度から新体制となった。Aグループ5チーム、Bグループ5チーム、Cグループ8チームの構成だ。
 2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響でトップイーストリーグ全体が中止となったため、この2021年シーズンが新体制での初開催となった。当然ながら入替戦も初めてだった。

「2年間、Aグループ昇格だけを目標にやってきた」
 理事でチーム統括として18年前チームのクラブチーム化以降一貫して運営の陣頭指揮をとってきた新出康史は試合前2年間の思いを口にした。

 試合は開始2分過ぎ、山梨が相手反則から相手陣へ攻め込んだ。しかしラインアウトを奪われ、ここは秋田がしのぐ。
 秋田は17分にFLモセセ・ソキベタの突破からFB大塚隆史が飛び込んで先制。その後もNO8今井隆太がトライし14-0とした。

 山梨の反撃は26分過ぎだった。秋田の堅いディフェンスをCTB李翔太がこじあけ、14-7と1トライ1ゴール差に詰め寄る。
 しかしその後、秋田は29分、43分とトライをあげて試合の主導権を渡さない。前半は28-7で折り返した。

 後半に入って秋田は、4分、6分、9分と立て続けにトライをあげ、49-7と大きく点差の開く展開となった。
 山梨も18分、そして終了間際の44分にもトライをあげて意地を見せた。しかしファイナルスコアは75-19と、リーグ戦の勢いそのままに秋田の圧勝となった。

 秋田は外国人選手の突進を軸に一気にゲインする場面が見られ、山梨ディフェンスを翻弄した。山梨も相手陣にたびたび攻め込むも、痛いところでミスを犯し、ペナルティやターンオーバーを許してしまったことが悔やまれる。
 この結果、秋田がAグループ昇格となり、一方山梨は来シーズンBグループ降格となった。

「これが今の実力。ディシプリンが守れず、そこからペナルティをとられた、いや、してしまったということ」と山梨監督の加藤尋久は厳しい表情で試合を振り返る。
 加藤監督は2019年より山梨の指揮を執る。今シーズンからはGM兼任となり、グラウンド外でのチーム運営の責任も担うこととなった。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪護髪素(滋養修護)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用のコンディショナーです。
防掉髮洗髮露(強靭配方)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。