【ラグビー】同級生から「自信を持って」と発破。明大の雲山弘貴、エンジン点火は間近?(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

明大ラグビー部4年の雲山弘貴は、「ぜんっぜん、だめっすね」。12月上旬、オンライン取材で漏らした。手元へスマートフォン、20歳の誕生日に両親から贈られた黒い長財布を置き、心境を吐露する。

「個人のパフォーマンスは、もっと上げていかないと、って感じです。FBとしての役割を何も果たせていないというか。ボールを持ってもゲインできてないですし、キックも――問題はないですけど――もっと試合(状況)を見て蹴り分けていかないと」
 
 身長187センチ、体重93キロ。最後尾のFBとして1年時から1軍入りし、2年目のオフにはサンウルブズの練習生となった。しかし、最終学年として迎えた今季はけがで出遅れる。6月に右足を痛め、復帰を急いだ夏に再発させる。

 今季の明大は、故障者の万全な復帰を目指してフィジカルパフォーマンスチーム(PPT)を結成している。身体動作に詳しい里大輔氏をトップに据え、栄養士、トレーナー、S&Cと各部門の専門家が連携を図って個別の強化計画を練る。

 PPTは雲山のカムバックへも最善を尽くしたが、当の本人が復帰を焦ったと悔やむ。

「あんまり治っていない状態で、僕が『痛みほぼなし』と伝えて…。自分でもいける(戻れる)と思っちゃっていたところもあるんですが、これ以上、休んでいたらチームに迷惑をかけるとも感じていたので。…早まっちゃいましたね」

 結局、加盟する関東大学対抗戦Aでは10月24日の4戦目で今季初出場(筑波大戦で後半13分から途中出場し、53-14で勝利)。しかしその後も、不完全燃焼の感を残す。

「もっと、自分の思い描いているプレーをしていかなくてはいけないな、というプレッシャーがあるっす」

 それは、心境を明かした直後の早大戦でも同じだったか。12月5日、東京・秩父宮ラグビー場で7-17と敗戦。対抗戦Aを5勝2敗の3位で終えた。

「自信を持ってプレーして欲しい」

 悩む雲山の背中をこう押した1人は、寮長の江藤良だ。報徳学園で8強入りした際の同級生で、今季からアウトサイドCTBのレギュラーに定着していた。雲山が持ち前の走力をいい形で活かせるよう、もっと声を出すようにも促したという。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。