【有馬記念】2強は堅い、残る狙い目は中山適性のある馬! 東大HCの本命はエフフォーリア(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

12月26日(日)に中山競馬場で行われる有馬記念(G1・芝2500m)。2021年中央競馬のフィナーレを飾るこの一戦に、人気と実力を兼ね備えた精鋭16頭が集結した。帰国後初戦となるクロノジェネシスが、暮れの大一番でラストラン。ファン投票首位の3歳馬エフフォーリアと共に人気の中心を担う。2強による堅い決着か、それとも穴馬の台頭か。今週もデータを踏まえて検討していこう。

【有馬記念 2021予想】競馬初心者も必見! データでクロノジェネシス、エフフォーリアら有力馬を分析(SPAIA編)

はじめに、過去10年の傾向を分析する。

レースの流れはスローとなることが多く、基本的に前半1000mは60秒台後半から63秒台で落ち着いているものの、アエロリットが前半1000m58秒4というハイペースで逃げた19年のような例もある。重要になるのが4角での位置取りで、馬券に絡んだ馬の大半が4角5番手以内に位置していた。1着馬に限れば10頭中8頭が条件に該当し、積極的な競馬が求められる。

今回のメンバーで展開のカギを握るのは1枠2番に入ったパンサラッサ。菊花賞で逃げたタイトルホルダーも控えているが、枠順的にはパンサラッサの方が楽にハナを取れるだろう。この馬のペースで逃げれば今年はハイペースになることも十分考えられる。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。