【阪神C】外伸び馬場が演出した好勝負! 来年注目は内を伸びた2着ホウオウアマゾン(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

関西圏最後の重賞・阪神Cは芝1400m。スプリントでもなく、マイルでもなく、そのどちらからも転戦、そこに1400m巧者が相まみえる難解さに例年頭を悩ませる。1着賞金6700万円はG1を除くマイル以下の重賞では最高賞金額。この秋、思うような結果を残せなかった馬たちにとって、これ以上ない舞台だ。今年もマイルCS、スプリンターズSほか様々な臨戦過程から出走馬が集結。その力量を横の比較で判断するのは困難を極めた。

【有馬記念 2021予想】競馬初心者も必見! データでクロノジェネシス、エフフォーリアら有力馬を分析(SPAIA編)

ハイレベルな組み合わせが多い阪神Cは締まった流れになりやすく、前後半600mは19年33.9-34.2、20年34.0-34.3、ともに1分19秒台で決着。前半も早いが、後半も早く、総合的なスピードが求められた。今年の前後半600mは34.3-35.0とやや後半時計を要し、決着タイムは1.20.3だった。

しかし、これは今年、阪神開催12週目で外有利な馬場状態だったことが大きく関わる。勝ったグレナディアガーズのように4コーナーから思い切って馬場の外目へ持ち出さないといけなかった。そのため距離ロスする分、後半、時計がかかった。それを差し引けば、今年も阪神Cらしいレベルの高い決着だったといえる。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。