【ラグビー】花園初出場の専大玉名が歴史刻む初勝利 札幌山の手と目黒学院も1回戦快勝(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

2009年創部で花園初出場となった専修大学玉名高校(熊本)が新たな歴史を刻んだ。2021年12月28日、「第101回全国高校ラグビー大会」の1回戦で6年連続33回目出場の若狭東高校(福井)と対戦し、35-12で初勝利をつかんだ。

 記念すべき最初のトライは前半5分だった。専大玉名は敵陣深くでPKを得ると、FWリーダーのPR小川慧士が突進してダブルタックルを破り、インゴールに押さえた。コンバージョンキックはCTB中村元翔が決め、7-0とした。

 前半、敵陣でプレーする時間が多かった専大玉名は20分にもゴールに迫り、FWがタテを突いたあとボールを動かし、主将のCTB竹下空咲陽がフィニッシャーとなった。

 対する若狭東は24分、身長159センチの小柄なCTB橋本ルイが敵陣10メートルライン付近でボールをもらうと、鋭く急カーブで曲がる線を描いてディフェンスを破り、鮮やかなトライを決めた。

 しかし、専大玉名は30分、ラインアウトからの攻撃でCTB中村元翔が抜け、そのまま走り切り再び点差を広げる。
 後半8分には、ラインアウトから力強いドライビングモールで押し切り、28-5とした。

 それでも、若狭東も粘り、11分、敵陣22メートルライン内でPKを得ると、速攻でゴールに迫り、FWがパワープレーでトライを奪った。

 しかし14分、専大玉名がまたもラインアウトからのモールで加点し、勝負を決めた。

 初出場初勝利を飾った専大玉名は、30日の2回戦で優勝候補の東福岡に挑む。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。