【ラグビー】常翔学園が中部大春日丘を下す。石見智翠館と京都成章も快勝で3回戦へ。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

2月の近畿大会で優勝した常翔学園高校(大阪第1)と東海王者の中部大学春日丘高校(愛知)が第101回全国高校ラグビー大会の2回戦で激突し、常翔学園が52-26で制した。
 前回大会ベスト8の中部大春日丘は今年は花園で年越しとはならなかった。

 先制したのは中部大春日丘だった。前半2分、敵陣22メートルラインに迫るとCTB黒嵜柊希がキックパスを放ち、左外でボールを確保したWTB小池陽翔がインゴールに飛び込み、トライが認められた。

 しかし常翔学園は5分、敵陣22メートルライン内でPKを得るとクイックタップから速攻でゴールに迫り、SH田中景翔が5点を奪い返した。そして9分にはLO大本峻士の力強いレッグドライブで勝ち越す。
 流れを変えた常翔学園は、12分にもテンポよく攻め込んでHO田中太陽がゴールラインを越え、18分にはFL吉田真之助のハードタックルもあってターンオーバーすると、アタックを継続してSO仲間航太がブレイクスルー、CTB岩本総司、LO中村豪とつなぎ、4連続トライとなった。

 26-5で折り返した常翔学園は後半に入っても勢いは止まらず、SO仲間や主将のFL山本大悟もトライゲッターとなってリードを広げる。

 大差をつけられた中部大春日丘は、主将のWTB小池がPKの速攻からゴールへ駆けるなど意地を見せたが、終盤にも常翔学園が得点を重ねて突き放した。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。